これまでの Webとデザイン勉強会

WordPress海外有料テーマを体験してみよう(2015年11月)

ちなみに、会の様子は撮り忘れました(またやってしまった…)

海外のサイトから購入したらこうなる

海外に限った話ではないのですが、WordPressのテーマは自作することもできますが、すでにあるものの中から選ぶことができます。

WordPress公式テーマディレクトリの中から無料で選ぶこともできますし、海外にも日本にも有料で販売されているものもあります。

無料であればとりあえずインストールしてから使用感を確認することもできますが、有料のものとなれば、安くても4,000円くらいはしますので、気軽に買って試してみるというわけにもいきません。

デモサイトは、キレイに表示されどんなページが作成できるのかを知ることができますが、管理画面に入ることができません。

そう、この管理画面が厄介なのです。

管理画面で大混乱

購入テーマによって、管理画面の操作感は全く異なります。

普通に新規作成しただけではページが作れないとか、特殊なエディタープラグインでページ作成のUIが別次元ではないかと言うほどに変わっていたり。

独自の設定項目もテーマが変われば当然変わり、クセのあるテーマもちらほら。

これが海外のテーマ購入サイトだったら、すべて英語ですから完全に手探り状態です。

なので海外の有料WordPressテーマを体験してみよう

話に聞いてもイメージはつきませんよね。だから体験してみましょう。

ということで、私の持っている海外有料テーマを体験してみる会を企画しました。

とはいえテーマの解説といっても触ってみることが一番なので、解説は早々に終わり、自然な流れで質問会に突入。

頂いたご質問は、WordPressについての細かい部分のつまづきや、活用方法(制作方法ではない面で)のことに焦点があたりました。

勉強会は “つくり方” の会が多いため、そこではあまり話されない話題が多い印象でした。

取り上げた海外テーマについては、買ってみますという方もいらしたので、今回の企画も意味はあったかなと思います。

ご参加ありがとうございました!

これまでのイベントを見る
Return Top